対応力が求められる医療事務の業務内容の基礎知識について

サイトマップ

トップバナー

女性に注目されている医療事務

女性に注目されている医療事務という仕事ですが、その業務内容の基礎知識を知っていますか? まず、医療事務の業務内容は、1つの仕事だけをする訳でない事を医療事務の基礎知識として 覚えておきましょう。臨機応変に、そのつどの対応が必要な業務内容が医療事務にはあり、それらをきちんとこなさなくてはだめなのです。

そういった医療事務の業務内容は、瞬発力、応用力といったものも大切だという事を、 基礎知識として覚えておきましょう。そのような医療事務の仕事の中で1番多い業務内容が、 患者へのサービス業務です。病院には、様々な患者がいます。 なので、その分、医療事務の業務内容も、とても多くの種類の物があるのです。 それまは、まず、外来患者への業務内容に関しての基礎知識です。

受付の女性

受付での応対がかなり重要

外来患者へは、受付での応対がかなり重要となっている事が医療事務の業務内容の基礎知識です。 外来患者が病院で働いている人と接する始めの場所が、医療事務の受付でしょう。 そういった事では、医療事務スタッフは病院の看板になるのです。医療事務スタッフの 外来患者へのサービスの業務内容は、受付対応、予約対応、会計が基礎知識です。

院内ロビー風景

大切なのは初診の患者への対応

ここで大切なのは、初診の患者への対応となっている事を基礎知識として覚えておきましょう。 ここでの医療事務スタッフの業務内容は、健康保険証の確認をし、診察券の発行、案内を行う作業です。 更に、医療事務スタッフは体温を測る為に体温計を渡し、体温を記録するといった業務内容も同時進行なのも 基礎知識です。更に、医療事務スタッフは、患者の呼び出し、診察室への案内、患者が治療や診断 を終了したら、医療費の計算と精算をしなければならないのも基礎知識です。

医療事務と入院患者

入院患者への治療といった業務内容を行うのは看護師や医者で、医療事務スタッフはあまり 入院患者に対する業務内容がなさそうと思われがちですが、それは違います。例えば、 費用の説明といったものは医療事務スタッフの業務内容となっているのが基礎知識です。 また、入院費の内訳に関係しているもの、支払いの相談など、医療事務が入院患者に対して行う 業務内容は他にもあるのも基礎知識です。

入院患者に対した対応も行っている

問診票

他に、入院用のカルテを作ったり、入院の準備に大切なレントゲンのための 資料を整理したり、患者に伝わらない場所での、業務内容も医療事務スタッフが行って いることを基礎知識として覚えておきましょう。医療事務の業務内容は、 外来対応の印象が強くありますが、実際、それのみでなく、入院患者に対した対応も 行っている事を基礎知識として覚えておきましょう。

ポイント現在高齢化社会が進み、お年寄りが増加し入院患者も増えています。それにより、 医療事務スタッフも更に忙しくなく、業務内容も増えていることを基礎知識と して知っておきましょう。医者や看護師不足が取り上げられがちですが、実は 医療事務スタッフも足りていないのが現状なのも基礎知識です。 少ない看護師と少ない医療事務の人たちで業務をすべてまわしているので、病院で患者が長い間待たされたり する原因にもなっているのです。 病院での苦情で一番多いのは待ち時間ですが、この医療事務スタッフの少なさも 原因ですね。実はそのような事務の人たちは常に動き回って手が全く足りない状況なのです。見ている側からすると暇そうに 見えるかもしれませんが、実は目が回るほどの忙しさに追われていることが多いのです。


医療事務とレセプト業務

レセプト業務イメージ

医療事務の業務内容に、レセプト業務という物がある事を基礎知識として押さえましょう。 外来対応など、患者に伝わる部分の業務内容が多いように感じる医療事務ですが、実際はレセプト業務が、 医療事務の仕事の柱となっている事を基礎知識として覚えておきましょう。レセプト業務は、 正式名称を「診療報酬請求」といい、診療代を請求する際の明細書を作成する業務内容となって いるのが基礎知識です。もう少し詳しくこのレセプト業務を説明致します。

ポイント医療事務スタッフは患者さんから診療代の1割~3割を、まず病院で受け取ります。 そして、残りの診療代を、政府や組合、市などの保険者に請求します。この残りの 診療費を保険者に請求する「診療報酬明細書」を作成する業務内容が医療事務 スタッフが行うレセプト業務なのです。保険診療から入る診療費は病院の 医業収入のほとんどなので、このレセプト業務、という業務内容は病院において大変重要な仕事であるのが基礎知識です。

個人個人の明細書の作成を丁寧に行う必要がある

医療事務スタッフが診療報酬明細書(レセプト)を作成する業務内容は、 丁寧さが重要なのも基礎知識です。なぜなら、患者ごとに症状が違っていて治療も 異なるので、個人個人の明細書の作成を丁寧に行う必要があるからです。 また、患者が多い病院であれば、医療事務スタッフが書くレセプト数も増え、 この業務内容に時間もかかってくるのも基礎知識です。 つまり大きな病院になればなるほどこの重要な作業の量が 増えてきてしまうのです。このことも基礎知識としてしっかり押さえておく必要があります。医療事務になれている人は大病院でも 対応が早いと思いますが、小さな病院でしか経験がない方は、仕事量の多さに始めはついていけない程忙しくなってしまうのです。 一見すると暇そうに見える事務の人なのですが、実は責任重大な上に大変な量の仕事をこなしているのです。

医療事務と医療秘書

医者にも秘書がいる場合もある

電話対応

通常、雑務が多い医療事務の業務内容ですが、そのうちでも、少し特殊な業務内容で、 「医療秘書」とい う物があるのも基礎知識として覚えておきましょう。 大体、秘書と聞けば、代議士、社長の補佐のようなイメージですが、医者にも秘書がいる 場合もあるのです。 秘書と聞くと簡単な仕事のイメージがつきものですが、実は医者の秘書とというとかなり大変な仕事というのが 現実なのです。

院長、または看護部長、役職があるお偉いさんにつき秘書業務をする業務内容です。 秘書の役回りは重要です。ですので、病院内の様々な事を知らなければならず、 ハードルの高い医療事務の業務内容になるのも基礎知識です。 これから詳しく説明してまいりますが、普通の会社の社長などの秘書業務とは全く異なるのです。

多くの知識と腕が必要な医療事務業務

ポイント 医療事務が行う医療秘書の業務内容は上司が仕事をする際に、効率よく仕事 スケジュールを整理したり、補佐を行うのが業務内容となっている事を基礎知識 として覚えておきましょう。また、医療秘書であるには、医学、医療事務全般 のことを知る必要があることも基礎知識になります。

更に、病院内で働いているので、絶対に患者と接する事も業務内容に含まれています。 そういった業務内容では、ハードルの高い仕事で、多くの知識と腕が必要な医療事務業務と なっている事も基礎知識となります。医療秘書は、ケースにより病棟クラークで患者と 看護師の間を持ち、働く事も業務内容もあります。 このように一つの業務だけでなく、様々な業務内容を時には 同時にミスのないように行う必要があるのも、医療秘書の業務内容の基礎的知識になるのです。他の仕事でもミスは許されませんが、人の命にかかわる医療事務の仕事は更にミスが 許されない、非常に神経を使う仕事になります。ナースより責任は低い、と思われる方も多いですが、実は同じくらいの責任があるのです。 実際、ナースと同じくらい頻繁に動き回っている姿をみるはずです。機会があればぜひ見てみると良く分かると思います。よく悪口の対象になりがちな方たちなのですが、 本当の姿を一度じっくりみられてみてはいかがですか?机に座っている時もひっきりなしに作業をしているはずです。


医療事務とクラーク業務

3種類の業務内容となっている

大切な医療事務の業務内容は、クラーク業務といった言葉で表わされることを基礎知識 として覚えておきましょう。分かりやすくいえば医療事務が行う業務内容の全ての事を表しています。 クラーク業務は、「外来クラーク業務」「病棟クラーク業務」「OAクラーク業務」といった 3種類の業務内容となっている事を基礎知識として覚えておきましょう。

外来クラーク業務の業務内容は、冒頭でも説明した外来患者に対したクラーク業務で、 外来患者への対応になることを基礎知識として覚えておきましょう。例えば、医療事務の人が 外来患者の診察券をチェックし、患者のカルテ、レントゲン写真といった検査データを 整頓する業務内容です。こういった医療事務の業務内容は、診察をなるべく早く 行うために大切となっている事を基礎知識として覚えておきましょう。 影に隠れてみえないところで、この業務内容が 素早い診察や治療を可能にしているのです。

OAクラーク業務イメージ

OAクラークはオフィス機器を利用した業務内容

医療事務の病棟クラーク業務の業務内容は、ナースステーションの中で行うクラーク 業務だということを基礎知識として、覚えておきましょう。基本的な業務内容は、 「カルテ、伝票の管理」「電話対応」「入院した患者、退院する患者の受付業務」 「面会者の案内」「定期請求業務」「リネン管理」「他のセクションへの搬送」といったものです。 医療事務で患者を他セクションへの搬送をする際には、患者に関連した書類、伝票、 薬品といったものを送る業務内容となっている事も基礎知識になります。

ポイント OAクラークは、いうなればオフィス機器を利用した業務内容です。実際にパソコン、 テレックスの操作が大切で、若干専門色が感じられるものとなっている事を基礎知識 として覚えておきましょう。これは労働者派遣法「専門的26業務」その中の「5号業務」 になる業務内容です。 専門色が先のように多少濃い業務内容になりますのが、これも医療事務の人には欠かせない業務なのも基礎知識です。 こう見ると医療事務の人の業務がどれだけ多岐にわたるかがよくわかると思います。一つの仕事をしながら様々に 頭を働かせる必要がある仕事と言えるでしょう。なので一点集中型の人には少し向いてない職業ともいえるかもしれません。 向き不向きというのがあるので、好きでも向いていない仕事はつらくなってしまいます。好きだけではどうにもならないこともあるのです。

医療事務と大変さ

常に気をはり続ける必要がある仕事である

最後に医療事務の業務内容の大変さをご紹介していきます。まず、 外来患者への業務内容に関してですが、冒頭や先にもご紹介したとおり、 業務内容は多岐に渡りその量も多いのです。更に常に患者と接するので、 受付の医療事務は、常に気をはり続ける必要がある仕事であるのも、基礎知識です。

次に、入院患者への対応と業務内容ですが、現在かなり多くの患者を病院が抱え、 更に患者の数が増えているのに、医療事務に勤める人は、増えて いないのが現状です。つまり、医療事務の業務内容の量がこちらでも 増えてきており、大変さが増しているのが基礎知識です。

医療事務の業務内容で1番大変とも言えるのが医療秘書

医療秘書イメージ

医療事務の業務内容のレセプト業務は先に説明したとおり、個人個人の患者の 診察内容や治療内容に合わせて、明細書の作成を丁寧に行なわなければならない ので大変な作業だというのが基礎知識です。また、入院患者が先の通り、 増えているので、ただでさえ大変な医療事務のレセプト業務の業務内容も 同時に増えているのも基礎知識です。

ポイント そして医療事務の業務内容で、1番大変とも言えるのが、医療秘書、というのも 基礎知識でしたね。これも先に説明した通り、一般的な秘書の業務内容を行いながら、 様々な病院内の事情を把握し、更にスケジュールや補佐、そして時と場合によって、 患者と看護師の間に立って働くこともあるのです。 このように業務内容は本当に様々になり、患者だけでなく、看護師との間にたって業務がうまく回るように しなければならないという大変な職業になることも基礎知識として必要です。病院では看護師や医師の仕事が目立つので、それらの方が主役の ように見えますが、それを影で支える医療事務の人たちも主役なのです。この医療事務の人たちがいなかったら、ドクターの人たちもナースの 人たちの仕事も全く回らなくなってしまうのです。 医療事務の職を目指す人にここまでご紹介した業務内容の基礎知識や大変さが少しでも ご参考になれば幸いです。