歯科医院勤務と調剤薬局に勤務する医療事務に有効な資格

サイトマップ

トップバナー

歯科医院勤務の医療事務に有効な資格

受付イメージ

知識として役立つ

病院や診療所と異なり、歯科医院で勤める医療事務であれば、そこまで沢山の有効資格が必要はないでしょう。 そのため、求人があまりないので有資格者を優遇する場合は病院では多くあります なので、歯科医院で医療事務での勤務を考え求人情報を見る時は、資格があるほうが雇用されやすいでしょう。

歯科医院の医療事務での特化される資格は、「医療事務技能審査試験」「診療報酬請求事務能力認定試験」 「医療事務管理士技能認定試験」といった物でしょう。この資格は、歯科医院特有の知識が必要なわけではないです。 虫歯治療や口腔内への知識が必要な訳ではなく、通常、歯科医院でする業務内となっていて、 取得すれば特化される資格、またはその範囲を学べば知識として役立つものとなるでしょう。

薬イメージ

就職率も上がる

いうならば、「診療報酬請求事務能力認定試験」といった試験は、医療関連の保険、報酬、更には色々な 請求事務の実技への技能と知識が必要になります。 資格があれば、請求書の作成を筆頭に、会計、色々な面で信じてもらえるでしょう。 診療報酬請求事務の資格では、医科と歯科があるのです。

なので、歯科専門の資格でない場合、歯科ならば資格かもしれませんね。 歯科医院は通常病院みたいな規模の大きい場所はなく、少人数で営業しています。 なので、資格があればその分信じてもらえ、就職率も上がるのではないでしょうか。

調剤薬局勤務の医療事務に有効な資格

医療スタッフの誘導

調剤薬局は、通常、病院、診療所、歯科医院とは異なったものです。 決定的な異なった点は、患者が少ない事。それは、薬局に来る人は病気により具合が悪い人で、 病院で処方箋をもらったのちに来る場合もあるのです。 ですが、薬局であればそのような人達は「お客さん」なので、患者には値しません。

大体が、店に来たお客様へ対応しなければなりません。 なので、医療事務の業務内容も、病院では一線をしている事があります。 そのような調剤薬局勤務の医療事務で特化される資格は、「医療保険調剤報酬事務士」「調剤報酬請求事務専門士検定試験」 「調剤事務管理士技能認定試験」程度ではないでしょうか

資格を持つことはとても特化される

調剤薬局でする処方箋、調剤レセプトの処理、または薬局でのカルテである「服用歴」のといった物を取得する資格となっていて、 純粋に実践的な知識の取得が可能になっているのです。 実際、こういった資格があれば就職にも特化され、求人での競争率が高くても就職率があがるでしょう。 こういった中で、持っていれば更に雇用されやすいのは「医療保険調剤報酬事務士」ではないでしょうか。

ポイント 医療保険調剤報酬事務士、資格試験は日々行われているので、挑戦しやすいといった事が利点ではないでしょうか。 受験料は最初だけ無料で、2回目以降の受験は4000円の費用の準備が必要です。 初回で取得出来れば費用が必要にならないので、可能な限り勉強したのちに受ける方法をとりましょう。 調剤薬局の医療事務の求人はそこまで多くないですが、資格を持つことはと ても特化されます。この資格をもっている、というのはかなり特別な存在になります。 求人数は少なくとも就職できればかなり有利な立場になれるのです。このような資格はぜひとっておきたいですよね。

医療事務の業務内容の基礎知識