診療所と調剤薬局の求人は多くある

サイトマップ

トップバナー

診療所の求人

カルテを探す女性

ベッド数が沢山ある場所はスタッフ数も増える

病院と診療所の異なった点は、実際、規模がわけられる基準と名って居ます。 同様の保険医療機関で、互いに医療保険の対象にはなっていますが、診療所は病院と比較すると、 規模が小さい医療機関となっています。厳密に言えば、患者の入院限度数のベッドの数が20床以上ある時は「病院」、 19以下の場合は「診療所」といった規定があるのです。

こういった規定は、建築物の面積、スタッフ数、その規模に反映します。 ベッド数が沢山ある場所は建物も大きく、スタッフ数も増えていくでしょう。 なので、日本での病院のスタッフの数は平均で10数名程度なのですが、診療所だったら平均2から3名程度なのです。 診療所は、とてもコンパクトな経営方式で経営されているのです。

通勤イメージ

診療所を選択すれば長期勤務が可能

診療所の求人で出される医療事務の業務は、病院と比較すると必要な業務が多いような気がします。 病院みたいにスタッフのが多く以内ので仕事分担が不可能で、そういった思考で業務を1人で行わなければなりません。 なので、外来患者の対応からレセプト業務、カルテ管理など、様々な業務があるでしょう。 そういった事をふまえれば、診療所での医療事務は責任感がうまれるでしょう。

診療所での医療事務の適正は、行動力が大切です。 率先し何かやる性格であれば、病院の医療事務よりも診療所の方が相性がいいかもしれません。 更に、自分の仕事でそこまで人を介入させたくないという性格なら相性が良いと思うので、求人情報に 何個かの医療事務の募集がある際には、診療所を選択すれば長期勤務が可能でしょう。

調剤薬局の求人

医療業務は、診察、治療をするだけではありません。 患者の病状に適した薬を出す、薬剤師といった業務もあります。 更に、薬剤師が働く職場として求人で募集がかけられるのが、調剤薬局でしょう。 病院に隣接している場合も沢山あり、調剤薬局は現在は医療分業の代名詞でなっています。

処方箋イメージ

そういった調剤薬局は、薬を販売している店での意味ではドラッグストアと同様になっています。 だけど、現実には調剤薬局とドラッグストアは違ったものとなっています。 ドラッグストアと沢山の異なった点は、医療用薬品を取り扱うという物です。医師が指示で、処方するのが調剤薬局となっています。 なので、病院に隣接した薬局では、病院から発行された処方箋が必要になります。

調剤薬局も人手を募集している
薬剤師イメージ

ポイント 実際、調剤薬局は大衆薬品も販売していて、そういった事がドラッグストアと混ざってしまうのです。 調剤薬局では、通常薬剤師が働いているので医療事務の業務でないと感じられる事が多いですが、 事実、調剤薬局も人手を募集します。調剤薬局が医療事務の求人に乗せるには、コスト削減が原因です。 事務全般を行うスタッフを薬剤師の資格を持たない人を使えば、人件費が削減出来るのです。

調剤薬局で医療事務の業務は、最初に患者の持って来た処方箋を頂き薬歴簿を作成します。 前に来た事がある患者であれば、履歴を参考に処方箋の内容と照らしあわしていきます。 コンピューターを使用しますが必ずしも難しいものではないので、経験がなくても対応が可能でしょう。 のちに薬剤師にデータを伝えて、薬を受け取り計算をします。むつかしくはないといっても、そもそも簡単なパソコン作業ができないようであれば、 これは無理ですので、パソコンの知識は必要です。医療関係の知識だけあればよいと思っている人もいますが、それだけでは 勤まりません。

医療事務の業務内容の基礎知識