業務内容を復習する事はイメージする事に繋がる

サイトマップ

トップバナー

業務内容の復習

患者さんと医者

患者さんと1番身近な存在

皆さんがあまり耳にしたことがないであろう、医療事務はどのような業務なのでしょうか? 医療事務というものは、どのような人のことを言うのでしょうか。 これを見ている人も病院にいったことがあると思いますが、その際の受診した時を思い出してください。 病院の中へは入り、受付から開始し、会計を終わらせて終了するまでに、色々な病院の人と話すと思います。

診察室に入室したのちに、先生、看護師、レントゲン技師、理学療法士といった人と対面すると思います。 それ以外の人と接する時それの業務内容を、医療事務と言います。 国家資格がある、医師、看護師といった、多少近寄りがたい雰囲気の人が沢山いる病院内で、 患者さんと1番身近な存在である業務をする人の業務を医療事務と言います。

ガッツな女性

資格をとりより有利な就職を

受付、会計、電話した際に、話す人ですね。 その他、患者には見えない場所で、今日の会計を計算したり、カルテを移動させたり、 デスクで病院の様々なデータを整理したり、保険会社との会話をしたり、医療機関での事務仕事を行うので、 医療事務と言われます。どうして通常の事務でなく医療事務となるのでしょう。 病院での特殊な、レセプト業務、といった物があるからでしょう。

このようなことがあるので、一般の人は、資格を持った人が医療事務での勤務をしていると勘違いしたり、 受付に座っている人を看護婦と呼んでしまったりしてしまうのですね。 ですが、病院によっては、実際には資格が絶対に必要なケースはそこまでなく、 可能であるなら資格をとってくださいというようなことが多いのです。 ですが、出来るならば資格をとるより有利な就職をしてほしいです。 そして実務を重ねて経験値を増やしながら、資格をとれるのであれば、資格を取るとより 有利になってきます。

レセプト事務

医療事務の業務内容に、レセプト業務といったものがありますが、いったい何なのでしょうか。 全ての病院で、毎月10日に前月1ヵ月分の診療内容を整理します。 患者1人分を1枚のレセプトに整理し、各関係機関へ出す業務となっています。 社会保険の人のレセプトは社会保険支払基金へ提出し、国民健康保険の人のレセプトは国民健康保険団体連合会へ提出する形です。

業務中の女性

毎日の診療費の計算業務の内容が1枚のレセプトに整理されるのですが、現在はレセプト専用ソフト などが普及し手作業によるレセプト業務は減少しました。 なので、打ち出されたレセプトが間違っていないかのチェック作業が主でしょう。 病院収入の大体は、レセプトに記載された診療点数で決定されるので、記載不備やミスがあれば 病院には損失になってしまうのです。

月末~月初めが忙しい ポイント

翌月10日と納期が指定されているので、どれほど患者人数多くても、丁寧に早い作業が求められるでしょう。レセプト事務の書式は全て一定で、患者氏名、生年月日、性別、保険証内容、病名、 1ヵ月分の診療内容、合計点数が書かれているものです。 レセプトを作るには、毎月月末を締め日で、翌日1日から開始し、10日が納期です。 なので、月末~月初めが忙しくなるのです。この点も医療事務の基礎的知識としてしっかり 押さえておく必要があります。これまでに医療事務の経験があるのであれば、知っていると思いますが、知らなかった方は このようなことも知識として入れておくと役に立ちます。テストに出ないような事柄でも、実地では当然の知識は前もって 知っておくことが大事です。

医療事務の業務内容の基礎知識